本文へ移動

プロテインのメリット

プロテインとは、タンパク質のサプリメント

プロテイン(protein)とは日本語でタンパク質を表します。
食品でいうと肉、魚、大豆製品、卵、乳製品などに含まれており普段の食事から摂取できる栄養素です。

タンパク質は筋肉だけでなく、内臓や皮膚、髪の毛、爪に加えて、ホルモンやへモグロビンなど様々なカタチで身体の中に存在しています。プロテインはタンパク質の一種である、というイメージが先行しておりますがプロテインとタンパク質は全く同じものであります。

タンパク質の摂取量は年々減少しており、この40年間で1日に約10g以上、タンパク質の摂取が減少している事がわかります。からだに必要なタンパク質が年々減少している傾向は良い状況とは言えません。

食事で補うことも可能ですが...

タンパク質は食事に含まれる栄養素であり、充分な食事をする事で補う事が可能です。しかしながら充分なタンパク質を摂取しようとすると、その分余分な脂質もプラスされてしまいます。

例えば、ハンバーグ1枚を食べると1日に必要な脂質の約半分も摂取してしまいます。
※200gで換算

つまり、必要量のタンパク質を食事で摂ろうとすると、必要以上の脂質を摂ってしまう可能性があるのです。


プロテインのメリット

運動時のタンパク質は必須と言っても良いほどメリットがたくさんあります。
筋肉が分解されるのを防ぎ、回復を助けるので、筋肉を効率よく成長させることにつながります。また、運動後は免疫力が低下しやすくなりますが、それを防いでくれる働きも期待できます。
なので運動する時にはぜひプロテインでタンパク質を摂りましょう。

メリット① 超回復をサポート

運動時にプロテインでタンパク質を摂る一番のメリットは、超回復をサポートしてくれることです。
超回復とは、筋肉が成長する仕組みのことで、運動によってダメージを受けた筋肉が、元より強く(大きく)回復することで成長していきます。
それをサポートしてくれるのが、筋肉の材料となるタンパク質です。タンパク質が足りないと、筋肉が回復できず、いくら運動しても大きくなれないのです。なので運動で筋肉つけたい方にとってタンパク質は必要不可欠なのです。

メリット② 筋肉の分解を防ぐ

運動するためには、体を動かすためのエネルギーが必要です。主なエネルギー源となるのは糖質ですが、エネルギーが足りなくなると、筋肉がエネルギー源として使われてしまいます。エネルギーを作るために筋肉がどんどん分解されてしまうため、運動すればするほど筋肉量が減ってしまう、なんてことになりかねないのです。
それを防ぐのがタンパク質。運動時にタンパク質を摂ることで、筋肉を守ってくれる働きを期待できます。

メリット③ 運動後の免疫力低下を防ぐ

激しい運動をした後は、免疫力が低下しやすいと言われています。その免疫力低下を防ぐのにもタンパク質が活躍します。
タンパク質を分解してできるアミノ酸の一種である「グルタミン」という物質には、運動後の免疫力低下を防いでくれる働きがあり、風邪などの感染症にかかりにくくなるんです。健康的に運動を続けるためにもタンパク質を摂るのがおすすめです。